復興支援

きたかみ震災復興ステーション

<ステーション事業のコンセプト>
①内陸避難者の自立とコミュニティ醸成
情報の共有、制度活用支援と地域内でのつながりづくり
②復興施策・活動の充実
分野・市町村を超えた情報・ノウハウの共有による各団体の効果的な復興活動の実施
③今後の復興に向けた取り組み共有とノウハウ蓄積
○復興に向けた課題を共有し、改善に向けた仕組みづくりにむけた各プラットフォームでの指針づくりの支援
○今後、全国でおこりうる災害に向け、防災・減災・復興のためのノウハウの共有、指針づくりの支援

きたかみ震災復興ステーションのサイト

2012年報告書ダウンロード

 

仮設住宅支援

<仮設住宅支援事業とは>
・地域住民の皆さんが「支援員」となり、住民の皆さん、団地の自治会の「お手伝い」と「つなぎ役」となることで、
「住民同士の支え合い」を生み、前向きに生活できる環境をつくる事業です。

<大船渡・大槌での取り組み>
・現在、大船渡、大槌あわせて約200名の支援員が、大船渡市、大槌町のすべての仮設団地の集会所・談話室に常駐し、それぞれの団地の特徴にあわせた、支援業務を行っています。

2012年報告書ダウンロード

お知らせ

2018.02.16

「起業を志す方」「新事業に挑戦する方」「次のチャレンジを検討中の方」「未来を志す全ての人」へ
あなたのその一歩が、あなたの未来につながるとともに、企業・地域、そしてまちの価値を高める

日時:3月16日(金)18:30~20:30

会場:北上市生涯学習センター 第1学習室

※参加費無料

2018.02.15

弘前大学まち育て研究室の木下さん、太田さんによる修士論文発表会が開催されます!

日時:平成30年2月24日(土)
   13時~14時
会場:北上市生涯学習センター第3学習室
発表内容:●地域への愛着を育む「景観学習」に関する研究
      木下香奈子さん
     ●伝統文化の継承によるまち育ての可能性
      太田彩香さん

2018.02.15

●黒沢尻北高校「きたかみ世界塾」
●黒沢尻工業高校「黒工×二子プロジェクト」
●弘前大学教育学部まち育て研究室(北原啓司研究室)卒論発表会

日時:平成30年2月24日(土)
   14:30~17:00
会場:北上市生涯学習センター第1学習室

2018.02.15

岩崎地区交流センターにて、講師に多田一彦さんを迎え【地域で持続可能な「拠点」のつくりかた勉強会】が開催されます!

日時:平成30年3月7日(水)
   18:00~20:00
会場:岩崎地区交流センター研修室

2018.01.16

日時:2月20日(火)午後3時~5時 
会場:市民交流プラザ