復興支援

きたかみ震災復興ステーション

<ステーション事業のコンセプト>
①内陸避難者の自立とコミュニティ醸成
情報の共有、制度活用支援と地域内でのつながりづくり
②復興施策・活動の充実
分野・市町村を超えた情報・ノウハウの共有による各団体の効果的な復興活動の実施
③今後の復興に向けた取り組み共有とノウハウ蓄積
○復興に向けた課題を共有し、改善に向けた仕組みづくりにむけた各プラットフォームでの指針づくりの支援
○今後、全国でおこりうる災害に向け、防災・減災・復興のためのノウハウの共有、指針づくりの支援

きたかみ震災復興ステーションのサイト

2012年報告書ダウンロード

 

仮設住宅支援

<仮設住宅支援事業とは>
・地域住民の皆さんが「支援員」となり、住民の皆さん、団地の自治会の「お手伝い」と「つなぎ役」となることで、
「住民同士の支え合い」を生み、前向きに生活できる環境をつくる事業です。

<大船渡・大槌での取り組み>
・現在、大船渡、大槌あわせて約200名の支援員が、大船渡市、大槌町のすべての仮設団地の集会所・談話室に常駐し、それぞれの団地の特徴にあわせた、支援業務を行っています。

2012年報告書ダウンロード

お知らせ

2017.08.25

北上市の景観形成強化地区にも指定されている国見山。今回は、博物館の協力のもとに、国見山文化千年の歴史を肌で感じるお散歩です。ちょうどこの時期は、如意輪寺の彼岸花も最盛期を迎える時期です。いまと昔、双方の景観を愉しみましょう。

2017.08.24

子育て・福祉、教育・文化、 産業、環境などをテーマに市の未来の 「ありたい姿」について考えるワークショップの参加者を募集しています

2017.06.09

【景観さんぽ~江釣子・長沼のすずめぐり 実施します!】
目で、耳で、涼しい景観「すず」。
きたかみ景観資産に認定されている、江釣子・長沼のすずを一緒にめぐりませんか?

開催日時 
7月2日(日)
集合 
9:45 江釣子神社(バス停 江釣子十文字すぐそば)
解散 
11:40 藤根駅
申込締切
6月29日(木)

2016.08.26

船に乗って北上川からの景観を楽しみましょう!

日時:9月10日(土) 9:30~11:30

集合場所:北上駅東口駐車場

定員: 23名(希望者多数の場合は抽選となります。ご了承ください。)

 

2016.02.29

日時:3月16日(水)15:00~17:00

会場:市民交流プラザ(ツインモールプラザ西館2館)

<当日の内容>
○平成27年度北上市地域貢献活動企業功績賞・地域貢献活動企業功績継続賞
・感謝状の授与
 地域貢献活動企業功績賞は、地元企業の皆さまの地域貢献活動に対し、市民みんなで感謝の気持ちを表すとともに、多くの市民にその活動を知っていただくことを目的として、平成20年から行っている取り組みです。当日は、北上市と北上市協働推進市民会議が一緒に表彰します。

○基調講演
  「多様性を活かした戦略的まちづくり」 

講師:田村 太郎さん (ダイバーシティ研究所代表理事・復興庁上席政策調査官)